薬局の同じ年の女性との楽しかった恋愛体験談

わたしは大学卒業後病院に就職しました。
事務職員として就職しました。
3年目の時、薬局に彼女が就職しました。
同じ年なのですが薬学部は6年制なのでそれで2年遅れて入ってきました。
最初見たときからかわいいなと思っていました。
しかし、病院は人数も多いので、総務の僕と薬局の彼女はすれ違ってあいさつすることがあっても会話をすることはありませんでした。
そんなあるとき薬局に仕事に行った際にたまたま仕事の話をする必要があって、そこから仲良くなり連絡先を交換しました。
そしてデートを重ね付き合うことになりました。
しかし職場の人には内緒で付き合っていたので、すれ違ってもあいさつ程度にしていました。
そしてまわりにばれないように目を合わせたりしていました。
また病院の地下室で仕事中に会って話をしたり、写真を撮ったり、イチャイチャしたりして楽しんでいました。
職場恋愛は最初はすごく楽しいです。
しかし結婚相手は同じ職場だと疲れそうです。

薬局の同じ年の女性との楽しかった恋愛体験談

私が高校生の時の話です。
私はテニスの推薦で高校入学して
推薦だったため恋愛も禁止でした。
毎日朝練7時からで授業が終わったらまた
部活。
でも私は部活楽しくてたまりませんでした。
ちなみにテニス部は男女共同練習で
私は先輩に恋をしてたからです。
恋愛禁止は、分かっていたんですが
気持ちが抑えられなく恋をしてました。
でも私は1年の身分で先輩にはなかなか
話せなく、メールアドレスを書いた紙を
そっと渡しました。
そしたらその日から毎日メールのやり取りを
するようになり、テスト週間で早く終わる日は
一緒に帰るようになってました。
でもテニスの顧問に見つかったらやばかったので
こっそり帰り先輩の家に寄り勉強を教えて
もらってました。

そう、テスト週間のある日2人で
勉強をしてる時に先輩からいきなりうしろから抱き寄せられ、キスをした。
何回も何回もキスをし…
舌を入れてきて。
を触られた…初めてだったので
なにがなんだかよくわからなくてでも変な声が
でる私。
先輩が私を見て可愛いねって言われ
勉強どころじゃなくなり、エッチをした。

私の初めてのエッチの話しでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする