僕の人生で初めてできたとても可愛らしい同い年の彼女

僕はガソリンスタンドでアルバイトをしている21歳の男です。
同じ職場で働いている女の子と仲良くなり友達になり、
よく職場の上司の愚痴をネタに気軽に話すようになりました。
そして今年の8月に思い切って彼女に告白しました。
僕は今まで女の子と付き合うどころか女友達すら一人もいなかったのでかなり緊張してしまいましたが、
すごく好きになってしまったので思い切って自分の想いを打ち明けました。
彼女のほうも僕に好意を持っていてくれたためOKしてくれました。
仕事のシフトの関係でお互いの休みがなかなかあいませんが、
運良く休みが合う時はしてます。
デートでは定番になっているのは午前10時に駅で待ち合わせをしてお昼をファミレスで食べて、
スーパー銭湯に行って2時間くらいお風呂にゆっくりつかり日頃の仕事の疲れを癒しそれからラブホテルへ向かいます。
彼女の体型はちょっとぽっちゃり気味ですがは大きめです。
まだ付き合ってあまり時間は経っていませんがカラダの相性はバッチリと言う感じです。
僕にとっては初めての彼女なのでこれから大事にしていこうと思います。

僕の人生で初めてできたとても可愛らしい同い年の彼女

私は高校時代、同じ年齢のシブガキ隊のヤッ君に似てると評判で
女生徒の人気も高かった。

私が35の時は、当時18歳の子と付き合った

そう、高校卒業したばかりの初々しい彼女だった。

ルーズソックスを履き、ミニスカートにロングブーツ

安室奈美恵も意識して完全なアムラーだった。

ただ、私はどこにでもいる中年サラリーマンです。

周囲の人から見たら、親子か援助交際にしか見えなかっただろう。

でもこんなおじさんでもテクニックはあるので、
彼女はいつも私と会いたがっていた。

私だってピチピチの若い身体を思う存分楽しんだ。

そして立派なセックス好きの女に仕上げたのだ。

私が一緒に居ないときは、身体が疼いて仕方ないらしい。

だから私は彼女にバイブレーターを勝手あげた。

私が居ないときこれで自分の身体を慰めるんだ。

そしてその姿をビデオに撮って必ず私に見せなさい!

彼女は私の強い口調には従うしかなかった。

私達の関係は年が離れているからこそ、
出きるプレイでもあったのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする